スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋食レシピ:カボチャのポタージュ 

20051215232514.jpg

カボチャは今旬じゃないけどさくらのかなり好きなお野菜で
ポタージュも大好きなのでポタージュスープにしました
材料も少ないし、かんたんなので
寒い日の朝とかにはぴったりです☆
消化もいいのでもちろん夜でもいいですけどね笑
カボチャは火の通りが早いので20分くらいでできます
続きを読む
スポンサーサイト

洋食レシピ:鮭とイクラのパスタ 

20051106191222.jpg

以前どこかのパスタ屋さんで食べた鮭とイクラのパスタが美味しかったので
自分で考えながら作ってみました☆
大葉の香であっさりスッキリだけど食べ応えがあって
なかなか美味しかったです
続きを読む

洋食レシピ:ミートパイ 

20051019175440.jpg

ちょっと前に作ったミートパイのレシピです。
健康マニアのさくらが作っただけあって
野菜の方が多いミートパイです笑

留学中によくミートパイ食べてたんですがそれとはちょっと違う味です笑
かなりアバウトなんですが、ご要望があったので☆

冷凍パイシートを使っているのでかなーり簡単
もうほんとありえないほど簡単なのでお休みの日のブランチとかにぜひお試しください☆
続きを読む

洋食レシピ:ベーグル 

20051016222837.jpg

この前作ったベーグルです☆
本当はこんな形でアップしたくなかったんですが…
ちょっとコレをめぐってトラブルがあったので画像をとりあえず笑

ベーグルってモチモチしてて噛むほどに味がでて大好きなんですが
今回初めて作りました
といっても昨夜また作ったけど笑


<材料>4個分
強力粉:170g
もち粉:30g
砂糖:10g
ドライイースト:2g
塩:3g
水:120cc程度

<作り方>
①粉類と砂糖、塩をボウルに入れざっとかきまぜ、ドライイーストを加えさらにざっと混ぜたら水を加える。

②生地がひとまとまりになったら力を入れてツルンと滑らかになるまでよく捏ねる。(捏ねたりないと表面がボコボコシワシワしたベーグルが出来上がりますし、モッチリ感も悪くなります。)

③滑らかになったら生地を4等分し、ツルっとしたところが表面になるように丸めて下をしっかりとじ、濡れ布きんをかけて15分ほど休ませる。

④生地を楕円形にのばし、端からしっかりと巻いていき棒状にして、端っこを繋ぎ合わてベーグルの形にする。

⑤④を30分ほど発酵させたら沸騰させて火を弱めた湯に入れて両面裏返して茹でる。

⑥⑤を210度のオーブンで15分ほど焼く。


以上です☆
ちょっと生地が固いので捏ねにくいですが
その分手につかないし
頑張ればなんとかなります
(生地が固すぎて…という方は多少お水を多めにすると作りやすくなります☆ その分しっとり柔らかめのベーグルになってしまいますが…)

もち粉は友達が「モチモチさせたいならモチ入れたら?笑」と言ったのをきっかけに試してみました笑
(モチ粉の代わりに上新粉や白玉粉でもいけましたが
白玉粉だとコストがかかるし、上新粉だと何かが違うかも…
でもどれもそれなりにいいかんじでした笑
もう少し改良させるかもしれないので)
その時は更新します

カテゴリーは迷いましたが明らかに和食でも中華でもお菓子ではないので
一応『洋食レシピ』にしました笑


【ブルーベリーベーグルについて】
少し前にブルーベリーを加えてベーグルを焼きました。
コレは焼く前の写真ですが
なんかの幼虫みたいでちょっと気持ち悪い笑
20051102213819.jpg

ブルーベリーを入れて作る場合は生地がコネあがってからブルーベリーを練りこんでください☆




材料・道具などはこちらのお店にたくさんあるのですが
見てるだけでも楽しいです☆
パン・お菓子材料の店「クオカ」








当てはまったらクリックで応援お願いします☆

このブログ良かったさー☆ 学生ブログランキング

なかなかいいじゃぁん☆ ブログランキング


FC2BLOG
ブログをはじめる


クラムチャウダーのコト。 

20050929190134.jpg

朝晩は冷え込むようになって
温かいシチューやスープがおいしい季節ですよねー
さくらは最近このクラムチャウダーがお気に入りでよく作ってます
アサリとか貝類はもともと好きで
しかもベシャメルソースも大好きなので
さくら的には黄金の組み合わせ。
身も心も温まります
この前さくらはこちらで買ったピンドンより美味しいというワインと一緒にいただきました笑


人気者で行こう」というダウンタウンの浜ちゃんと内藤さんのやってる番組でドンペリピンクより美味しいと言われてたそうです笑
でもこのワイン1800円そこらなんですけどね。。。
けどすごい飲みやすくて美味しかったしなにより色が本当にキレイなピンクで一見の価値はあります
本当のピンドンはこんなキレイなピンク色じゃないらしいですが笑
よろしければ一度おためしあれ☆
(画像が表示されない方でも上の空白をクリックで詳細画面に飛べると思います



<材料>4人分
あさり:250gくらい
じゃがいも:中2個
玉ねぎ:小1個
白ワイン:大匙2くらい(日本酒で代用可です。)
無添加固形ブイヨン:半分くらい(入れなくてもいいです)
塩:適量
コショウ:適量(当然ですが白コショウで…)

ベシャメルソース:カップ1と1/2~2くらい
(ベシャメルソースの作り方は「洋食レシピ」の中にある『じゃがいもと卵のグラタン』にあります。)

<作り方>
①じゃがいもは1センチ角の角切りにし、玉ねぎはみじん切りにする。

②鍋を火にかけバターを適量とかし、玉ねぎをしんなり半透明になるまで焦がさないようによく炒める。じゃがいもを加えさっと火を通したら器にうつす。

③②鍋にあさりを入れ、半分蓋をした状態で白ワインを入れすぐ蓋をして、あさりが開くまで(音がしなくなるまで)中火で火を通す。

④③に②で炒めた玉ねぎとじゃがいもを加え、ヒタヒタより少し少ないくらいにお水を入れブイヨンを崩し入れ、じゃがいもに火が通るまで煮る。(その間にベシャメルソースを作る)

⑤④にベシャメルソースを加え、塩・コショウで味をととのえる。


好みでキノコなんか加えても美味しいかも
今回はクラッカーを添えて本場アメリカ風にしてみました☆
砕いてチャウダーの中に入れて一緒に食べるとパイシチューに似た味がします

コーンキャロットポタ-ジュのコト。 

2smrk-4-7ec5.jpg

写真は今日の朝食でした☆
コーンキャロットポタージュは簡単で栄養価も高くてほんとオススメです↑↑
朝は一日の始まりなので
さくらは子供の頃からしっかり食べています。
母は朝からグラタンやらミートオムレツやら作ってくれていました。
もちろん定番の干物にお味噌汁にお野菜にーいたいな和定食も。
その習慣がしっかり受け継がれているかんじで
さくらは今も朝からよく食べます笑

<材料>
ジャガイモ:中1個
ニンジン:1本
玉ねぎ:1/2本
クリームコーン:1缶
無添加コンソメ:適量
牛乳:適量
バター:適量
塩;適量
コショウ:適量

<作り方>
①ジャガイモ、人参、玉ねぎは皮を剥いて適当な大きさに切る。

②鍋にバターを溶かし、玉ねぎを入れ、透き通るまで炒める。ジャガイモ、人参を加えさっと混ぜたらクリームコーンを加え、水をかぶるくらい入れる。コンソメを加え、ジャガイモに火が通るまで煮る。

③ジャガイモに火が通ったら②をミキサーに入れ、滑らかになるように粉砕する。

④③を鍋に戻し、牛乳を加え、火にかける。(沸騰しないように)

⑤塩コショウで味を整えて出来上がり。

簡単です☆
牛乳の代わりに生クリームにするとコクが出ますが
カロリーや栄養面を考えると牛乳の方がベターです★

スパゲッティ・ぺペロンチーノのコト。 

20050911100818.jpg


ぺペロンチーノ大好きです☆
ボンゴレビアンコと同じくらい好き笑

さくらのぺペロンチーノはオリーブオイルではなくバターを使います。
なんだろう。。。バターが好きなだけっちゃだけだけど。。。笑


<材料>2人前
ニンニク:2~3片
唐辛子:小さめ2本
角切りベーコン:1㌢厚のもの6㌢くらい
バター:大匙2~3くらいかな?
塩:適量
コショウ:適量

スパゲッティ:200g

<作り方>
①ニンニクを薄くスライスし唐辛子は種をとって輪切りにする。ベーコンは5ミリ角の細切りにする。

②鍋にお湯をわかし、沸騰したら塩一つまみを入れ、スパゲッティを茹でる。(アルデンテよりもやや堅めに。)

③フライパンを火にかけバターを溶かしてニンニク、唐辛子を入れ香がたつまで焦がさないように炒める。

④③にベーコンを加え、カリカリになるように炒める。

⑤茹で上げたスパゲッティを④に加え、ソースをさっと絡めたら塩コショウで味を整える。


温かいうちに食べちゃって下さい。バターなので特に。。。
オリーブオイルの風味が好きな方はバターの代わりにEXバージンオリーブオイルを使っても☆

じゃがいもと卵のグラタンのコト。 

20050911100347.jpg

グラタンはさくらが小学生の時に一番初めに覚えた料理です☆
特に習ったわけではなく、母が作ってるのを見て、それを真似して
なんかちょっと修行っぽい笑
さくらの人生の中で一番多く作ってる料理かも↑↑

ベシャメルソースは基本なので
覚えておくと本当に便利です☆


【材料】
<ベシャメルソース>
薄力粉:適量(大匙3くらい?)
バター:適量(30gくらい?)
牛乳:500~600mlくらい
ローレル:1枚
塩・コショウ:各少々

<具>
お好みですが・・・
ジャガイモ、卵、玉ねぎ、ブロッコリー、マッシュルーム
各適量

モッツァレラチーズ:適量


【作り方】
<具>
*ジャガイモは1㌢くらいの輪切り、ブロッコリーは小房にわけて茹でる
卵はゆで卵にして殻をむいて半分から4分の1に切っておく。
*玉ねぎ、マッシュルームは薄くスライスしバターで炒めておく。

<ベシャメルソースの作り方>
①鍋にバターを溶かし、薄力粉を焦げないように弱火でよく炒める。

②牛乳を少量ずつ注ぎ、ダマにならないようにそのつど木ベラでよく混ぜながらのばす。

③ローリエを加え焦げたり沸騰しないように絶えず静かにかき混ぜながらとろみがつくまで火にかける。

④とろみがついたら塩・コショウで味を整える。

<仕上げ>
⑤④に玉ねぎとマッシュルームを加えさっとまぜる。
⑥器に具を盛り付け⑤をかけ、チーズをのせて高温のオーブンで焼き色がつくまで焼く。

カマンベール入りポテトクリームコロッケのコト。 

20050911004010.jpg

これもさくらお気に入りのレシピです↑↑
写真のソースはケチャップベースですが
下のトマトソースを使っても美味しいです☆

<材料>6個分
ジャガイモ:大1個
玉ねぎ:1/2個
牛乳:300ccくらいかな?
薄力粉Ⅰ:大匙2~3くらいかなぁ
バター:大匙2くらい
カマンベールチーズ:1/2ホール
ローリエ:1枚

パン粉:適量
卵:1個
薄力粉Ⅱ:適量

塩:適量
コショウ:適量

<作り方>
①ジャガイモは茹でてマッシュしておく。玉ねぎもみじん切りにしてバター(分量外)でしんなり透明になるまで炒めておく。(できればとろけるような状態まで)

②ベシャメルソースを作る。鍋にバターを入れ、溶かして、薄力粉Ⅰを焦がさないように弱火でよく炒める。

③②に牛乳を少し注ぎ、木ヘラで混ぜ柔らかいクリーム状になったら残りの牛乳を入れる。ローリエを入れ、とろ火にかけ焦げ付いたりだまにならないように絶えず静かに混ぜる。

④全体にグラタンにするのよりも強いとろみがついたら塩コショウで味を整え火からおろし、ジャガイモと玉ネギを加え混ぜる。フタのできる容器に入れ、冷蔵庫で冷やし成形しやすいように固める。

⑤6等分したカマンベールチーズを真ん中に入れて形を作り、薄力粉Ⅱをまぶして溶き卵にくぐらせ、パン粉をつけて中温の油で狐色になるまで揚げる。

トマトソースのコト。 

20050910132945.jpg

えーっと基本のトマトソースのレシピです☆
さくらはたくさん作って作り置きしてあるので分量は多めですが
冷凍しとけばかなりもつし
色々使えるので便利です(*´艸`)
バジルは生のものを使って下さい。
スーパーにも売ってるし結構安いのでもりもり入れちゃってほしい笑

<材料>
トマトの裏ごしタイプの缶詰:800g
玉ねぎ:中2個
ニンニク:2~3片
バジル:適量(好みによるので)
オリーブオイル:適量(さくらは100くらい入れてるかも。。。)

塩:少々
コショウ:少々

<作り方>
①玉ねぎをみじん切りにし、ニンニクはかなり細かいみじん切りにする。

②鍋にオリ-ブオイルを入れ熱し、ニンニクを入れ、焦げないように香がたつまで炒める。

③②に玉ねぎを加え、透き通ってしんなりするまで炒める。

④③にトマトの缶詰を加え全体を混ぜ、味が馴染むようしばらくとろ火にかける。
 ほどよいところでバジルをみじん切りにしたものを加え、火を止める。


写真はミートソーススパゲッティにしてあります☆
牛挽肉をオリーブオイルで炒めてトマトソースを混ぜるだけなので簡単ですー。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。