スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お菓子レシピ:ホワイトチョコクリームのロールケーキ 

syousyou.jpg

ホワイトチョコレートのガナッシュを巻き込んだロールケーキです
ノーマルなブッシュ・ド・ノエルもいいけど
ちょっと大人っぽくこういうのもクリスマスにいいかなーと☆
スポンジは粉の分量を少なくしたり色々考えて失敗がないようにしたので
作りやすいと思います
続きを読む
スポンサーサイト

お菓子レシピ:カボチャのハニーディップドーナツ 

20051028190144.jpg

ハロウィンにぴったりの
カボチャと蜂蜜を使ったハニーディップドーナツです☆
一口サイズでパーティーや部活の差し入れなどによいかんじです

続きを読む

お菓子レシピ:チョコレートマフィン 

20051024180522.jpg

先日作ったマフィンのレシピです☆
ただ、最初考えたのより作ってる最中に分量の加減があったので
ところどころ正確な分量じゃないのですが勘弁してあげてくださいです
続きを読む

お菓子レシピ:クレームブリュレ 

20051011210108.jpg


この前作ったクレームブリュレのレシピです☆
アップしたと思ったのにできてなかった…ごめんなさいです
プリンのようなモノの上に薄いアメを作るシンプルなデザートですが
このアメを作るのが一苦労。。。
でもかなり感動の美味しさなんですよー

本当はガスバーナーであぶってアメを作るんですが
一般家庭にはなかなかそんなものはありません。。。
なのでさくらはパティシエナイフを使いました
ちなみにナイフを押し付けるときに火が出ます笑
注意してください

<材料>
全卵:1個
卵黄:1個
生クリーム:50cc
牛乳:100cc
砂糖:大匙2
バニラエッセンス:2,3滴


<作り方>
①ボウルに卵と卵黄を入れて泡だて器でほぐし、砂糖を加え泡立てないように混ぜる。

②1に牛乳と生クリームを加えて混ぜ、バニラエッセンスを加える。

③2を茶漉しでこしながら耐熱容器に入れる。天板に熱湯をはって160℃に温めたオーブンで20分弱様子を見ながら蒸し焼きにする。

④焼きあがったら冷まして冷蔵庫にいれておく。

⑤食べる少し前に冷蔵庫から出し、上面に三温糖をまんべんなく薄く広げて、ガスコンロで真っ赤になるまで熱したパティシエナイフを押し付けて程よく焦がす。

⑥5を冷蔵庫に戻し10分くらい冷やす。



これ、冷蔵庫に入れても2、30分くらいしか持ちません笑
アメが溶けてしまうのです
なので作ったら早めにどうぞ☆

レシピはクックパッドにも掲載しています



気に入った方はクリックして応援お願いします

このブログ良かったさー☆ 学生ブログランキング

なかなかいいじゃぁん☆ ブログランキング


FC2BLOG
ブログをはじめる


お菓子レシピ:和風スイートポテト。 

20051009102105.jpg

和風スイートポテトとは言ってますが
実際あまり味は普通のと変わりません笑
甘さは控えめですがお芋自体の甘さと相談しながら入れたので正直分量は適当です笑

<材料>
さつまいも:400gくらいかな。。。
お砂糖:大匙1くらい?(様子を見ながら入れてください)
みりん:大匙1くらい?
ラム酒:少々(入れ過ぎ注意)
卵黄:1個(多分2個くらい入れたほうが味はいいです笑)
バター:大匙1くらいかなぁ

仕上げ用の卵黄:適量(卵黄1,5個くらい入れて残りを塗るといいかも)

<作り方>
①さつまいもを蒸し器でふかす。(面倒なら茹でてしまっても。。。)

②①のお芋が熱いうちに裏ごししてバター、砂糖、みりんを加えよく混ぜたら卵黄とラムを加えさらに混ぜる。

③好きなように形を整え上に刷毛で卵黄を塗って180℃のオーブンで18分ほど焼く。(あまり焼き色がつかないようにするときれい。)


ちなみに写真のは牛乳パックやらを半分に切って巻き簾を敷いたりして半円柱形にして焼き
焼きあがってからまた巻き簾で形を整えました☆
ただ正直タクアンっぽいのでもうこれはお好みでとしか言えないです…笑


FC2BLOG
ブログをはじめる


お菓子レシピ:ガナッシュトルテ 

20051002135306.jpg

2種類のガナッシュを使った濃厚なチョコレートケーキです☆
このケーキに使われているスポンジケーキは『お菓子レシピ』にある『チョコレートスポンジ』のレシピで作ってくださいです

<材料>4個分
チョコレートスポンジケーキ:6ミリくらいの厚さにスライスしたもの4枚
クーベルチュールチョコレート(ビター):180g(刻んで100gと80gに分けておく)
生クリーム:250cc
好みのリキュール:適量(ラム酒でもいいです)
砂糖:少々

*シロップ
砂糖:25g
水:15ccくらい
好みのリキュール:10cc弱

<作り方>
①シロップを作る。砂糖と水を器に入れ加熱し焦げないように溶かしたらリキュールを入れて冷ます。

②スポンジを5センチのクルセル型で抜く。(1枚につき3個)

③サンド用ガナッシュを作る。生クリーム150ccを温めチョコレート80gを溶かしリキュール少々を加え、氷水で冷やしてもったりとケーキに塗れるかたさまで泡立てる。

④②のくり抜いたスポンジを4枚平らな器に置いてシロップを刷毛でたっぷりぬり、③のガナッシュをスポンジと同じくらいの厚さで塗る。さらにその上にスポンジを載せ同じように繰り返し、最後に残ったスポンジを一番上に載せてシロップをたっぷりぬる。
形やはみ出したクリームを整えてしばらく冷蔵庫で休ませる。

⑤上がけ用のガナッシュを作る。温めた生クリーム100ccにチョコレート100gを溶かし、リキュールを加え、常温で冷ましておく。

⑥④を取り出して⑤を上からまわしかける。この時ムラならないように気をつける。一度冷やしてもう一度同じ作業を繰り返し、冷蔵庫で固める。

(⑦くり抜いたチョコスポンジケーキのくだいてケーキクラムを作り、⑥のま側面につけ、上に金箔を載せる。)コレはお好みで。



以上です
ちょっと書くの疲れた…笑
チョコレートはぜひクーベルチュールを使ってほしいです☆
チョコが主役なので、植物油脂使用の市販のチョコだとどうしても味が落ちちゃいます。。。
少し遠いけどバレンタインとかにもオススメ

ちなみにさくらは付き合っていない好きな男の子手作りモノはあげない主義です。
やっぱり相手の気持ち考えたらそういうのって迷惑に思うこともあるだろうし、手作りってやっぱり「気持ち悪いな…」とか「何入ってるんだろ…」って多かれ少なかれ思うそうなんです。男友達や今までの彼氏いわく。
手作りお菓子などをほとんどの男の子は喜ぶというのは女の子の勝手な

幻想
だとほぼ全員が言っていました笑
実際そういうの好きな男の子もいるらしいですが
多くは彼女からは嬉しい正解なんだそうです

なので『自分があげて満足なモノ』じゃなくて『相手がもらって心から嬉しいと思うモノ』じゃないと意味がないなーと思うさくらは
彼氏か向こうから頼まれたかじゃないと作りません笑
むしろ彼氏にも最初に聞きます
押し付けるばっかりじゃダメですしね☆

チョコレートスポンジケーキのコト。 

20050929202438.jpg

色んなケーキの基本となるスポンジケーキのレシピです
今回はココアを加えてチョコレート色に焼き上げました。

<材料>5号型1台分
卵:2個
砂糖:45g
バター:20g
薄力粉:35g
コーンスターチ:8g
ピュアココア:10g

*材料は全て計量しておき、粉類は合わせてふるっておく。

<作り方>
①卵をボウルに割り入れ泡だて器でさっとほぐしたら砂糖を加え、湯煎にかけてもったりと重く文字が書けるようになるまでしっかり泡立てる。

②①を湯煎から外して粉類をふるい入れゴムベラで底からすくうように大きく混ぜる。(絶対に練らないようにすること。)
粉が混ざるか混ざりきらないかのところで溶かしバターを加えゴムベラでなじませる。

③紙をしいた型に入れ、170℃のオーブンで20分~25分焼く。

④焼きあがったら一度20センチほどの高さから型ごと落として(縮まないようにするため)からすぐに型から外し紙もはがして網の上で荒熱がとれるまで冷ます。(この時はがした紙を巻きつけておくと乾燥を防ぐことができる。)

コツも一応書き込んでおいたので
「いつも上手く出来ないー」という方もぜひやってみてくださいね




ティラミスのコト。 

20050924090612.jpg

一昨日かな??さくらの大好きなティラミスを作りました☆
マスカルポーネチーズ
さえあれば簡単に作れて、失敗はまず有り得ません
他のチーズで代用する作り方が多くあり、さくらも試したことありますが
やっぱりマスカルポーネを使ったティラミスの方が断然美味しい
結構手に入りにくい材料を他のもので代用してもおいしく作れるお菓子ってあるんですが
ティラミスに関しては本物と偽物の違いが歴然としています。
せっかく作るなら美味しいモノを、ということで。。。
ではでは作り方を

<材料>
マスカルポーネチーズ:250g
カステラかスポンジケーキ:適量(1本あれば足ります。)
エスプレッソかかなり濃く入れたインスタントコーヒー:150cc
卵黄:2個
生クリーム:200cc
ラム酒:お好みで。(さくらは50cc弱くらいかなぁ。リキュール類でも構わないと思います。)
砂糖A:70g
砂糖B:15~20g
ココアパウダー:適量

<作り方>
①エスプレッソをいれ、砂糖Bを溶かして冷ましておく。(濃い目に淹れたインスタントコーヒーの場合も同様)
カステラかスポンジケーキは1センチ弱の厚さに切っておく。

②ボウルにマスカルポーネチーズとラム酒、砂糖A、ほぐした卵黄を入れ、泡だて器でよくすり混ぜる。

③別のボウルに生クリームを入れ分離しないように角が立つまで泡立てる。

④②に①を加え、ゴムベラで混ぜる。

⑤大きく深めの器の底にカステラかスポンジケーキを敷き、冷ましておいたコーヒーシロップを刷毛でたっぷりしみ込ませ、の上に④を半量流しこむ。これをもう一度繰り返して数時間冷やし、食べる時にココアをたっぷりふりかける。


これだけで出来上がりです
粉を入れて混ぜたりすることがないので
失敗する方が難しいです笑
マスカルポーネチーズはスーパーにあまり売ってませんし
売っていたとしても雪●の添加物がたくさん入ったマスカルポーネが多いので
やっぱり味があまり良くないです。。。
なのでさくらはコチラのお店で注文して買っています。

(表示されない方はコチラからナチュラルチーズ専門店『オーダーチーズ・ドットコム』
チーズ好きのさくら的にはここのブリーとかモツァレラパルミジャーノレッジャーノを愛用してます
充実した内容のお試しセットもあるのでオススメ☆
特におためしAセットはハマリますよー
ブリーにパルミジャーノ、モツァレラなどさくらがよく食べるチーズなどが5点セットでかなりお得です

鬼まんじゅうのコト。 

18zoq-1-ef6a.jpg

自己流なのでちょっとアレ??と思うところがあってもご勘弁をー
名古屋名物としてメジャーになりつつある鬼饅頭ですが
簡単にお家で作れるんです

<材料>8個分
美味しい薩摩芋(お芋が主役なので、ホクホクした美味しいのを使う):中1本(約300gかな)
薄力粉:70g
白玉粉:10~12g(ここの量は好みによるのかも…)
和三盆:50g
はちみつ:10g
水:大匙1強(生地の状態によって加減)

<作り方>
①薩摩芋の皮をむき、1センチ角に切り、しばらく水にさらしておく。最低でも1時間はさらす。

②水をしっかりときり、和三盆と蜂蜜を加えさっと混ぜ、水が出るまでおいておく。

③薄力粉と白玉粉を②に入れ全体にからめ、水を入れ全体に水分を吸わせる。

④オーブンシートを10センチ四方に切って③がはみでないように載せ、湯気の上がった蒸し器に入れ15~20分くらい強火~中火で蒸す。

⑤蒸し上がったらすぐにオーブンシートをはがし網の上で荒熱をとる。


ポイントは和三盆を使うこと。
コレですね。
写真ちょっと分かりにくいかもですが
粉砂糖みたいに粒子が細かいんですけど
それだけじゃなくて味は本当に優しくて
舌に滑らかに溶けて後味がめっちゃ爽やかなんです




和三盆は日本古来の製法で手作りされてるお砂糖の一種なんですけど
もう本当にこれは砂糖!?ってぐらい後味すっきりなんです。
製法自体が普通のお砂糖(白砂糖、三温糖、グラニュー糖など)とまったく違って
そのまま和三盆だけを食べても美味しいお菓子みたい
さくらは近くで売っているところがあったのでそこで買っていたので知らなかったのですが
友達情報によるとどうやら市販では手に入らないことが多いそうです。



こちらのお店で注文できるようなのでぜひ一度使ってみてください
もう本当にやみつきになりますよー☆



続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。